刺青除去ですっきりスキン【レーザー使用で痛くない除去方法】

若い女性

タトゥーは消せる

ボディ

ファッションなどの軽い気持ちで入れてしまったタトゥーは、美容整形外科などへ足を運んでタトゥー除去施術を受けることで、消すことが可能です。この施術を受けるにあたって肌に傷跡を残したくないのなら、治療に専用のレーザー機器を取り入れている病院を探すといいでしょう。

最新の除去治療

医者

大阪の医療機関などで行ってもらえる刺青除去治療の特徴は、一回その治療を受けるだけでほぼ完全に刺青を除去できることです。また、除去する時に利用するレーザー機器を選ぶなどの工夫をすると、より色が残ることが無く除去できます。

タトゥーなどの正しい知識

ボディ

心の負担を軽くする

刺青やタトゥーの除去には、レーザー治療と切除の方法があります。レーザーは使用されている色や大きさによっては不向きな場合があります。どちらも美容整形・美容外科などで消すことができます。刺青やタトゥーは、就職や結婚などに大きなハンデとなることが多いとされています。見えない部分に入っていたとしても、何かのきっかけでそれが目に触れることがあれば解雇につながる場合もあります。また、将来子供が生まれて時にプールや温泉などのレジャー施設に入場することを制限されてしまいます。運動会や海水浴など肌の露出がある機会には、肩身の狭い思いをしかねません。それは自分だけでなく家族も同じ思いをする可能性も少なくありません。その際は除去することで、心の負担が軽減されます。

切除は傷跡が残ります

大きな刺青やタトゥーの除去には、切除が一般的な除去方法です。しかし広範囲に及ぶ場合、一度に切除することは不可能なため、少しずつ部分的に切除していきます。一回ごとに傷のふさがりなどの経過をみながら進めていくため、1年以上かかる場合もあります。切除後は傷跡が完全に消えることはありませんが、年々少しずつ薄くなります。刺青やタトゥーは、後々後悔する人が多いことで知られています。その一方でファッション感覚で入れる人も減らないのが現状です。正しい知識と除去する際のリスクなどを、しっかりと考えたうえで後悔しない選択をすることが大切です。ライフスタイルや価値観は変わることもあることを、忘れてはいけないのです。

諦めるのはまだ早い

病院

タトゥーは昔と比べると、受け入れられるようになってきていますが、場合によっては、就職などに影響をおよぼすこともあります。タトゥー除去に悩んだら、除去手術を行なっている美容外科などを探し、その中から評判の良い場所を選んでみましょう。